大学生活攻略編
大学を中退したいと思う場合と対処法
ここでは大学を中退したいと思う場合と対処法について約2分で説明します。
項目


スポンサードリンク
大学を中退したいと思う場合と対処法
大学を退学したいと思う場合
勉強についていけないから
勉強についていけなくて単位が取れなくて退学したいと思う方です。 文系は勉強についていけない人は少ないけど、理系は積み重ねの教科が多く高校の勉強より数段難しくなるので文系よりも勉強についていけない人は多いです。 留年率も理系のほうが高いです。 きついでしょうが猛勉強するか、退学するかのどちらかを選ぶしかありません。 勉強を教えてくれたり過去問を見せてくれる友達がいれば難易度は下がるでしょう。 どうしても勉強についていけなかったら見切りをつけて早く退学したほうがいいです。 ついていけないのに在籍していれば時間も金も無駄になりますから。 下のランクの学校や専門学校などに入り直すのがいいでしょう。


勉強が合わないから
勉強についていけないわけではないが、思っていたことと違った、他の事に興味を持ったので今やっている学部の勉強は嫌になった などの理由で退学したいという人です。 このタイプの人は嫌々勉強を続けてもつらいだけですから、 転部するか、興味を持った学部のある他の大学や専門学校に行った方がいいです。 それか嫌々でも一応卒業して卒業後専門学校に行くとかですね。


つまらないから
友達ができない、ぼっち、周りと合わないなどの理由で楽しくなくて大学に行くのが嫌になり辞めたいという方です。 クラスで気の合いそうな人に話しかけるかサークルに入って友達を作りましょう。 入りたいサークルが無い場合は自分で作るのがいいでしょう。 それでも友達できなかったらぼっちでもいいやと割り切って行きましょう。 大学ではぼっちの人は他にもいますからね。 割り切れなかった場合は学校を変えるか。それも嫌なら辞めるしかないでしょう。


経済的に苦しいから
学費を払ってくれる人の給料が下がった失業したなどの理由で学費を払えなく経済的に苦しくなったので退学したいという人です。 バイトをして学費を稼ぎましょう。時給が比較的高い家庭教師のバイトがいいと思います。 理系は勉強が忙しいのでバイトできる時間が少ないのできついかもしれません。 奨学金を借りれる人はそういう制度を利用したほうがいいでしょう。 または二部(夜間)があれば二部に転部するとかですね。学費が安いですから。でも二部のほうが偏差値は低いので評価は一部よりは下がります。


留年したから
留年すると就職も遅れるし、その分学費も払わないとなりません。 留年した分の学費は払えない自分でなんとかしろという家庭もあるでしょう。 なので留年すると金銭面でもきつくなります。 1回留年して確実に卒業できればいいですが、そういう保証は無いです。必須科目は1つでも単位取れなかったら留年です。 学費を滞納すると除籍になります。除籍は大学にいなかったことにされるので中退よりも厳しいです。 留年すると金銭面できつくなったりモチベ低下したり鬱になって退学に繋がりやすいです。 できるだけ留年しないようにしましょう。


スポンサードリンク
スポンサードリンク

項目選択へ 大学生活攻略編 人生攻略寺子屋