ひきこもり完全分析
ひきこもりの人口、年齢層
ここではひきこもりの人口と年齢層ついて約2分で解説します。
項目


スポンサードリンク
ひきこもりの人口、年齢層
ひきこもりタイプ粁爐任呂劼こもり時期で分類しました。
要素 説明
人口 ひきこもりなんて少ないんじゃないの?と思っている人もいるかもしれませんが、 ひきこもりは約100万人でかなり多いです。ひきこもりは増加傾向にあるのでもっと増えていくことでしょう。昔もひきこもりはいましたが、昔はひきこもっていられる環境がなかった人が多かったので現在よりひきこもりの割合は少なかったと思われます。 日本はひきこもりが多いです。それは日本は一度社会のレールから外れると元に戻りにくい社会だからと言われています。 みんな同じであることを望み出る釘は打つ体質もひきこもりが増えている要因となっているでしょう。
年齢層 ひきこもりは不登校などの若い人の方が多いと思っている人もいるだろうけど、実は中高年が多いです。 統計では15歳〜39歳が約54万人、40歳〜64歳以上が約61万人とのこと、これは若いときにひきこもった人がそのまんま中年になった、中年は就職氷河期世代を含んでいる、リストラされやすい、年齢で断られて再就職先が無い、気力体力が衰えてくるからなどの理由で多いです。 60歳〜64歳は定年ですることがなくて家にいるだけの人もいるので、そういう人もひきこもりに数えられているかもしれません。 そういう人を除けば61万人よりはやや少ないと思います。
ひきこもり期間 定義では6ヶ月以上ひきこもっている者をひきこもりと言うのでそれ未満だとひきこもりではないです。 ひきこもりというのは1回ひきこもると長期化しやすので年単位ひきこもっている者が多数を占めています。 平均年齢は35歳くらいで平均ひきこもり期間は11年くらいらしいです。 20年ひきこもっているのも珍しくなく、30年ひきこもっているひきこもりもいます。
性別 ひきこもりの7割は男性とのこと、つまり女性より男性の方がはるかに多いですね。女性の方がひきこもりになるのを回避しやすく、社会復帰しやすいというのが理由でしょう。 詳しくは女のひきこもりの方が少ない理由を参照
スポンサードリンク
スポンサードリンク
項目選択へ ひきこもり完全分析 人生攻略寺子屋