ひきこもり完全分析
ひきこもりになりやすいタイプ
ここではひきこもりになりやすいタイプついて約2分で解説します。
スポンサードリンク
項目


スポンサードリンク
ひきこもりになりやすいタイプ
どういうタイプがひきこもりになりやすいのか
タイプ 説明
おとなしい、内向型 集団行動が嫌い、飲み会嫌い、人と話すのが好きじゃない人が多いので外交型の人と比べると居場所や理解者が少なくひきこもりになりやすいでしょう。 生まれ持っての性格もあるけど、ブサイクだったり、無口や口下手だったりすると学校や職場などで冷たくされることが多いので内向的な性格になりやすいです。
繊細な人 傷つきやすく、悩みとかかかえこむ人ですね。 鬱になりやすいタイプです。そのため図太い人よりもひきこもりになりやすいでしょう。
オタク 自分の好きな趣味ことは話すけど、興味が無いことは話さないタイプが多い。 一般の人には理解されにくいので学校や職場で浮くことが多い。同じオタク同士で趣味の話をするのは好きかもしれないが、普通の世間話をするのはあまり好まない傾向にある。趣味も部屋の中でするものが多く、集団行動も好きじゃない人が多いのでひきこもりになりやすいでしょう。
中途半端に勉強できた人 これは一流以外の大卒の人に多いですね。 大学には行ったが一流大学ではなく、大手企業や難関試験や公務員試験には受からないけど大卒のプライドがあるので中卒や高卒がやるような仕事はしたくないという感じの人ですね。 こういうタイプもひきこもってしまうことが多いです。
ガリ勉 勉強一筋で行動力やコミュニケーション力はなく、学生までは成績優秀だったが社会に出てから行動力やコミュニケーション力を要求されるのでそれが嫌になってひきこもる。 勉強だけできたというタイプである。 高学歴ヒキがこのタイプである。

逆に体育会系やヤンキーは気持ちが外に向かう外交型が多く集団行動が好きなのでひきこもりにはなりにくい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
項目選択へ ひきこもり完全分析 人生攻略寺子屋