ひきこもり完全分析
女のひきこもりの方が少ない理由
ここでは女のひきこもりの方が少ない理由ついて約2分で解説します。
項目


女のひきこもりの方が少ない理由
男のひきこもりより女のひきこもりの方が少ない理由とは
理由 説明
社会復帰しやすいから 一般事務、座り作業、軽作業など体力が無くてもできる仕事に採用されやすいから。 男だとこれらの仕事は採用されにくく、肉体労働、重労働じゃないとなかなか採用されない。 すなわち、ひきこもりは体力が無い人が多いので男より女の方が社会復帰しやすいと言える。
結婚が容易だから 男の場合はそこそこいいところに就職できないと結婚できないけど、 女の場合は就職できなくてレールから外れても結婚してくれる相手はみつかりやすいのでひきこもり脱出しやすいから。 容姿、性格などによってその難易度は変わるがそれでも男よりはずっと難易度が低いでしょう。
受け身でもいいから いろんなことで男は積極的に動かなければならないけど、女は受け身でもいいから。 つまり積極性がない性格だと男の方がひきこもりになりやすいということです。
化粧で変われるから ルックスに自信が無くても化粧である程度まで綺麗になれるから。一方男は化粧なんかしたらオ○マ扱いされるだけなので 化粧で変わるという手段は使えない。外見コンプレックスでひきこもるのは女性のほうが少ないでしょう。
女の方が余りにくいから 人口は女の方が男より少ないので男の方が余る者が多くて、女の方が余りにくいから。
助けてもらいやすいから 女は困っていれば助けてもらえることが多く、泣けば同情してもらえたり、許してもらえたりく、周りが慰めたり助けてくれるから。 一方男は困っていても自分で何とかしろと言われることが多く、泣いても弱虫扱いされ、助けてもらえないことが多い。

ひきこもりの7割は男で女が3割で女の方が少ないのはこれらが理由となっている。
項目選択へ ひきこもり完全分析 人生攻略寺子屋