ひきこもり完全分析
ひきこもりのタイプ粁燹覆劼こもり時期)
ここではひきこもり時期ついて約2分で解説します。
項目


スポンサードリンク
ひきこもりのタイプ粁燹覆劼こもり時期)
ひきこもりタイプ粁爐任呂劼こもり時期で分類しました。
ひきこもり時期 説明
中学、高校から 友達ができない、馴染めない、集団行動が嫌だ、勉強がついて行けない、嫌がらせなどがあって登校拒否になってひきこもるパターン、 社会復帰する場合は中卒でもできる仕事を探すか、高卒以上の仕事を探す場合は高認試験を受けて高卒の資格を取るしかない。 これらも挫折してそのまんまずるずるとひきこもる場合も多い。
大学、短大などから 一人暮らしを始めて昼夜逆転の生活になってしまったとか、学校に行ってもつまらない、勉強について行けない、勉強が思っていたことと違ったのなどの理由で学校に行くのが嫌になりひきこもる。 中学高校よりは席が固定されてないので友達いなくても過ごしやすいが、まわりが楽しそうにしていると孤立していると感じる人もいる。 単位が取れない、学費が払えないなどで中退してから就職活動するが新卒じゃないので不採用でひきこもる場合も多い。
社会人から(独身) 就職できなくてひきこもるパターンと就職後に会社が嫌になったとか働くのが嫌になってひきこもるパターンがある。

前者は就職決まらなくてそのまんまずるずるとひきこもりになった場合が多く、 社会復帰しようとしても即戦力を欲がる企業が多く、職歴が無いとコネでもない限りほとんどの場合不採用になるのでまたひきこもるというループに陥りやすい。 高校を卒業できなかった場合は高校認定試験などの救済制度があるが、新卒で就職できなかった場合このような救済制度が無いのできつい作業の非正規かひきこもるかのどちらかを選ぶしかない。 特に就職氷河期世代には多いだろう。

後者は就職後に過労やパワハラや馴染めなくて退職してひきこもりになった場合が多く、 職歴はあるので職歴なしよりは社会復帰しやすいが、職歴があっても空白期間が長くなると社会復帰しにくくなるので、空白期間が長くなるまえに社会復帰した方がいいだろう。
社会人から(既婚) 結婚後に働くのが嫌になった、外出するのが嫌になったとかでひきこもるパターン、 男の場合は働かないとほとんど離婚になるので既婚のまんまひきこもれるのは女が多い。 旦那の稼ぎにもよるが働かなくても老後まで食わせてもらえるので安泰ではある。

このように同じひきこもりでも、ひきこもった時期によって色々なタイプのひきこもりに分かれる。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
項目選択へ ひきこもり完全分析 人生攻略寺子屋