人間関係・メンタル攻略編
成果が出ない=努力不足?成功する努力の仕方
ここでは努力のタイプ間違った努力について成果が出ない=努力不足なのか?成功する努力の仕方 について約2分で解説します。
項目


スポンサードリンク
努力のタイプ
ここでは大きく分けて2つの努力のタイプについて説明します。

好きなことを伸ばす努力
好きなことなので努力することが苦にはならないのでどんどん伸びて行きます。 しかしある程度伸びると壁に当たり伸び悩みます。 その壁を超えて一流になるには環境、才能、運なども必要なので努力だけではどうにもならない場合もあります。 いい環境っていうのはいい先生や上司、いい教育、いい出会いがある場にいるなどのことです。 好きなことでも壁を超えられずに伸び悩むと嫌いになっちゃう場合もありますがそれを超えるのは忍耐力が必要です。


嫌いなことを克服する努力
こっちの方は好きなことの努力と違ってとっつきにくいし嫌いなことなのでストレスに感じるでしょう。 そのストレスに耐えることができる忍耐力が必要です。 忍耐力は気持ちの持ち方ですね。 気持ちが弱いと途中で辞めて諦めてしまいます。 嫌いな理由が苦手だからと言う人は得意になれば好きになるかもしれません。


間違った努力について
努力をしても努力の仕方が違うと全く身につかないです。 例えば勉強で基礎が完璧にできてないのに難問、奇問ばかりやっている、 重要なことは覚えてないのに重箱の隅をつつくようなことばかり覚えている、 解ける問題ばかりやっている、解答を苦労して丸暗記はしたけど理解はしてないなど このような努力の仕方だといくら勉強しても成績は上がらないです。 勉強に限らず効率がよくないやり方、ニーズに合ってないこと、求められてないことばかりやっている このような努力は無駄な時間になってしまいます。


成果が出ない=努力不足なのか?
努力はしなければ報われないですが必ず報われるわけではありません。 成果が出なかった=努力不足なのか?それは努力不足だった場合もありますが一概にそうだとは言えません。 同じ努力をしても環境や運などにより成果が出た人で無かった人がいますから。 環境や運は基本的に結婚>就職>勉強の順に関係します。 でも他人から見ればそんなことは分かりませんから単に努力不足だと思うでしょう。 それがつらいところでしょう。


成功する努力の仕方
効率のいいやり方でやる。努力の方向性を間違わないことです。 それでもうまく行かない場合は学校や塾を変えてみるとか、転職するなど環境を変えてみるのもいいでしょう。

元の才能がある人と才能が無い人が同じ努力をしても才能のある人は理解力、記憶力、吸収力がありますから差がつきます。 ですから才能が無い人は人の何倍も努力しなければ追いつけません。 それでも成果が出るとは限りませんがとにかく何倍も努力するしかないでしょう。

でも努力できない人もいますので努力できるのも才能のうちと言っていいかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク