人間関係・メンタル攻略編
友達ができないタイプと対策
ここでは友達ができないタイプと対策友達がいない=性格が悪いのか?を2分で説明します。
項目


スポンサードリンク
友達ができないタイプ
友達ができないタイプは大きく分けて3通りあります。
攻撃型
他人と積極的に関わるが暴言や煽りなどをして相手を傷つけてしまう、暴力を振るうなどで人が離れていき友達ができないタイプです。 対策としては攻撃的な性格なのでまずは心を落ち着かせましょう。 カルシウム不足だとキレやすくなって攻撃的になるのでカルシウムをとるようにしたほうがいいです。 会話は考えてから話せば暴言を言う前に踏みとどまることができるので考えてから話しましょう。 そして相手には優しく接して、暴力を振るうのも辞めましょう。 そうすれば友達はできやすくなるでしょう。


コミュ障(おしゃべり)型
おしゃべりなのにコミュ障ってどういうことかと思うかもしれませんが、空気読めないこと話したり、会話がずれていたり、 一方的に聞いてもいないことを話し続けるとかいうタイプのことです。 よく話はしてもちゃんとしたコミュニケーションではないのでこれもコミュ障に分類されます。 うざいと思われるので友達ができにくいでしょう。

対策としては空気を読んで話の流れと全然関係ない会話をしない、デリカシーにない会話をしない。 一方的に話すのではなく相手の話を聞いて会話のキャッチボールをするなどです。 そうすれば友達はできやすくなるでしょう。


コミュ障(無口)型
無口、根暗などのコミュ障タイプです。 話しかけられたら一応返答はするが自分からは話しかけなくて何を考えているのか分からないと思われやすいです。 このタイプが一番友達できるようにするのが難しいですね。 無口なのは相手に興味が無い、まわりが興味が無い会話ばかりしている、話したいことが無い、そもそも話すことが疲れるなどです。 根暗なのは生まれ持っての性格なので何か悩みや嫌なことがあって暗くなっているのとは違うのでこれを改善するのは難しいでしょう。

友達を作る気がないのならべつにそのまんまでもかまいません。 人や会話に興味が無いのに興味を持つのは難しいことだけど、友達を作りたいならまずはあいさつをすることから始めましょう。 そして勉強や仕事のことなどでもいいので話しかけるようにしましょう。 どうしても話すのが苦手ならば聞き上手になりましょう。 最初はそんなことをしても楽しくは無い作業だと思うかもしれないが、やっているうちに興味が湧いてくるかもしれません。

悩みとか嫌なことがあって暗くなっているのはそれが解決すれば明るくなると思いますが、根暗はそうはいきません。 できることは明るく振舞うように演技をするくらいですね。 最初は違う自分を演じることに抵抗があると思います。やっているうちに慣れるかもしれません。慣れないかもしれないけど。


友達がいない=性格が悪いのか?
友達がいないのは性格わるいと思っている人は結構いると思う。 しかし友達いない=性格が悪いとは一概には言えません。 確かに性格わるくて友達できない人はいます。 他人を攻撃して傷つけて人が寄り付かなくて友達がいないタイプですね。 無口、会話が苦手、根暗、独りでいるほうが気楽という理由で友達がいないタイプはべつに性格は悪くは無いです。 友達いなくても優しい人が多いです。 逆に友達が多くても仲間内にはよくても、それ以外には攻撃的な人は性格がいいとは言えません。 そういうタイプは仲間内にはいい人だよと言われるが、それ以外の人には嫌なやつだと評価が分かれるタイプです。


スポンサードリンク
スポンサードリンク