人間関係・メンタル攻略編
ギャップ効果とその利用
ここではギャップ効果とは?イメージアップのギャップの例ギャップ効果を利用するには? について約2分で解説します。
項目


スポンサードリンク
ギャップ効果とは?
ギャップとは普段のイメージとは違う、差があることを言います。 それは見た目でも行動でも普段のイメージと差があればギャップがあるといいます。 ギャップ効果とはそのギャップによって人の見方が変わることです。 例えば普段いい人が何かやらかしたら実は嫌なやつなのでは?、 普段悪いことをしている不良がたまにいいことをすると、実はいい人なのでは?と思うことです。 前者の方はマイナスのギャップ効果で後者の方はプラスのギャップ効果です。 ギャップ効果の利用とはそのギャップの効果を利用していい方に繋げて行くことを言います。


イメージアップのギャップの例

不良がちょっといいことをした
これによって実はいい人なのではと好感を持つ人はいます。 普段いい人がいいことをするのは当たり前なのでイメージUPとかはないけど、このような人がいいことをするとイメージUPする場合があります。 でも普段いい人の方がいい人なんだけどね。


普段おとなしい人が言い返した
普段おとなしい人は何も言い返せないと思われているかもしれないが、 びっしっと言うべきことは言った、言い返したなどすると、言うときは言うやつ根性があると見直されイメージUPします。 周りの見方も変わるでしょう。


普段きつい人がちょっと優しくした
普段きつい性格の人がちょっと優しくすると実は優しい人なのかもと人によっては好感を持つ場合もあってイメージUPするでしょう。 そしてちょっと優しくされたら仲良くしてもいいかなと思う人もいるかもしれません。でもすぐに距離を縮めない方がいいです。 そのときだけ機嫌が良かっただけかもしれませんから。 普段優しい人の方が優しいんですけどね。


普段勉強できない人がいい点数取った
一時的にやればできるやつだと思われたり褒められるけど、 また元のできない点数ばかり取っていたら評価は下がってしまいます。 なので継続していい点を取ならければなりません。そこが難しいところでしょう。


ギャップ効果を利用するには?
上記のように普段のイメージとは違ったギャップがあると見方が変わって好感を持たれやすくなります。 でもせっかく一時的に好感を持たれてもそのときだけではまた元の評価に戻ってしまいます。 ギャップ効果は上昇気流に乗るチャンスだと思ってください。 そしてそれを継続できればいいのですが、いきなり継続は難しいのでたまにでもいいのでするようにしましょう。 そしてそのする間隔を短くしていけばいいです。

例えば普段おとなしい人が嫌がらせをしてきた相手に立ち向かって行ったりするとギャップ効果で実は勇気がある人、頼れそうだと思われモテやすくなります。 でもそのときだけでまたずっと普段のおとなしいだけの状態に戻ってしまうと、やっぱりおとなしいだけと思われるてせっかくのチャンスを逃してしまいます。 なので継続してできるようになりましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

項目選択へ 人間関係・メンタル攻略編 人生攻略寺子屋