人間関係・メンタル攻略編
行いではなく誰がしたかで判断する人の対処法
つまり何をしたかではなく誰がしたかで判断する人の対処法と言うことです。 ここではタイプ別対処法について約2分で分析します。
項目


スポンサードリンク
そのように判断する人のタイプ別対処法
行動で判断するのではなく誰がやったかで判断する 例えばAさんとBさんがいてどちらも同じ行動をしたけどAさんは許されるけどBさんは許されないなど 何をしたかではなく誰がやったかで決める人への対処法ということです。

無意識型
本人はそういうつもりはなくても、無意識に誰がやったかで判断しているタイプである。 このようなタイプには何で同じことをしてあの人はいいけど私はだめなんだと理不尽な点を主張しましょう。 そうすると我に返って正す場合があります。


ひいき型
仲のいい人、好きなタイプのみ甘くして、そうでない人には厳しくするタイプです。 このタイプは理不尽な点を主張しても仲間を守ろうとしてひいきしていることを認めようとはしません。 対処法としては先生や上司など上の人にに言ってもらうか表面上だけ仲良くするなどです。


嫌がらせ型
嫌がらせをしようと思っている相手にだけ何かと些細なことでも大げさに言い責めるタイプです。 名目上は注意をしてやっていると言うのが特徴です。 注意というよりは理不尽な嫌がらせであるけど。 対処法としては嫌がらせをしている証拠を取って本人に言うか、先生や上司に証拠を見せて言ってもらうかですね。


キャラ当てはめ型
その人のキャラに合ってないことはするなというタイプです。 例えば普段チャラい人が目立つことをするのはいいけど、普段まじめで地味な人が目立つようなことをすると、 おまえはそういうキャラじゃないので目立つことをするな調子に乗るなと言って その人のキャラの枠から出ないように押し込もうとするような人のことです。 こういうタイプは無視して自分の好きなようにやりたいように押し通しましょう。それが一番です。


スポンサードリンク
スポンサードリンク

項目選択へ 人間関係・メンタル攻略編 人生攻略寺子屋