人間関係・メンタル攻略編
偏差値と性格が合わないと孤立しやすい
ここでは偏差値と性格偏差値と性格が合わないと孤立しやすい理由を約2分で解説します。
項目


スポンサードリンク
偏差値と性格
偏差値と性格が合わないと孤立しやすいとは何のことか?と思うでことでしょう。 勘がいい人はだいたいこれだけでわかったと思いますが。 それではまず偏差値の高い学校と低い学校の生徒の特徴を見てみましょう

偏差値が高い学校:まじめ、勤勉、優しい、落ち着いている、控えめ=好青年が多い
偏差値が低い学校:不真面目、勉強しない、柄が悪い、騒がしい、派手=やんちゃ系とその仲間のが多い

このように偏差値と人間性には関係があると言えます。
必ずしもこれに当てはまるわけではないが平均するとだいたいこんな感じです。

優しい人、おとなしい人
ではまじめ、落ち着いている偏差値が低い学校に行った場合を考えてみます。 偏差値が低い学校に行くと不真面目、暴力的な生徒の割合が高くなるので まわりの雰囲気に馴染めなくて溶け込めないことが多いでしょう。 そしてまわりの生徒から目を付けられやすくなります。

なので優しい人や、おとなしい性格の人は偏差値の低い学校に行かない方がいいです。
でも優しい人やおとなしい人でも勉強はできない人はいます。 ではこのような性格で勉強ができない人はどうすればいいのか? なんとかして偏差値を上げて偏差値の高い学校に行くか、偏差値の低い学校に行って無理してやんちゃな連中に合わせるか、 合わせないでぼっちになって絡まれたりしても我慢して行くかのどれかでしょう。


やんちゃ、荒れた性格の人
そして不真面目、派手、暴力的な生徒はだいたい勉強はできないので偏差値が低い学校に行くのでしょう。 このような性格で勉強できる人も中にはいますが偏差値の高い学校に行く避けられて孤立化しやすいでしょう。 このような性格で勉強はできる人はどうすればいいのか?というと、 偏差値の高い学校に行って無理してまじめを装ってみんなとうまくやって行くか、装わないでぼっちになるか、偏差値の低い学校に行くかのどれかですね。


スポンサードリンク
スポンサードリンク

項目選択へ 人間関係・メンタル攻略編 人生攻略寺子屋