人間関係・メンタル攻略編
田舎暮らしのメリット・デメリット
ここでは田舎暮らしのメリット田舎暮らしのデメリットを2分で解説します。
項目


スポンサードリンク
田舎暮らしのメリット

この中でいくつかピックアップして解説します
家賃が安い
田舎は都会よりも家賃や土地が安いです。 田舎はよく物価が安いと言われますが、安いのは家賃や土地くらいです。 食料品、衣類、家電などの物価は田舎だからと言って特に安いわけではありません。 売っている値段は都会と同じでしょう。


ストレスが少ない
田舎は都会ほど仕事は忙しくなく、どこに行っても人混みというのはなく通勤ラッシュもないです。 騒がしくなくのどかで静かなのでそういう面ではストレスが少ないです。 でも近所付き合いのストレスはあるかも。


比較的治安が良い
都会だといろんな人がいて近所にどんな人がいるのかも分からないので怖いですが、田舎はだいたいどんな人がいるか分かります。 そして田舎は人口が少ないのでその分犯罪件数も少ないので都会より治安がいいです。 そのため防犯カメラや防犯システムは都会みたいに充実してないですが。

田舎暮らしのデメリット

この中でいくつかピックアップして解説します
仕事が少ない
田舎は仕事が全く無いわけではないが、限られた仕事しかありません。 どこの田舎でもある仕事は介護、看護、薬剤師、清掃、警備、運送、飲食、土木作業などです。 このように医療系や肉体労働系が多いです。 少ないのはIT系、クリエイティブ系ですね。 そして給料が安いところが多いです。


遊ぶところが少ない
田舎によってはゲーセン、映画館、風俗などもないところもあります。 遊ぶところが少ないので若者にとっては楽しくないし刺激もないでしょう。 家でゲームやアニメしかしない人ならばべつに遊ぶところなくても関係ないので田舎暮らしでもいいと思います。


出会いが少ない
田舎は若者が少ないので出会いは少ないです。 勉強ができた若者は都会に出て行く人が多いので、田舎に残った若者はやんちゃ系の人が多いです。 なのでやんちゃ系は横の繋がりがあるけど、そうじゃない人は社会人になってからは出会いが少ないので友達や彼女はできにくいでしょう。 老人は定年後静かに暮らしたい人が都会から来る感じですね。


消防団への参加
消防団とは地域の住民が集まって消火活動をする集団です。 少しは金がもらえますがほとんどボランティアみたいなものです。地元民は半強制参加です。 早朝の訓練、操法大会、器具点検、祭り、夜警などやることは多いのでプライベートの時間が結構削られます。 飲み会も多いので酒を飲めない人にはつらいでしょう。 そして勧誘がしつこくて入らないと文句言われたりするし、入ったら抜けにくいです。


村八分になる場合がある
田舎は陰湿とよく言われますが、確かに陰湿な人もいますが、そうでない人もいるので一概に陰湿だとは言えません。 行事や町内会や消防団への参加などいろいろやることがありますが、こういったことをやらないと村八分にされる可能性があります。 そうなると陰湿でなかった人も陰湿になる場合があります。


スポンサードリンク
スポンサードリンク