人間関係・メンタル攻略編
カラオケが嫌いな人は孤立する?
ここではカラオケが嫌いな人の嫌いな理由カラオケが嫌いだと孤立しやすい理由カラオケが嫌いな人はどうすればいいの? について約2分で解説します。
項目


スポンサードリンク
まずカラオケが嫌いな人の嫌いな理由を見てみましょう。
カラオケが嫌いな人の嫌いな理由

単にカラオケに興味が無いから
カラオケに興味が無いので、普段歌の練習もしてないタイプの人です。 でも練習をすれば上手い人もいるかもしれない。


音痴だから
歌は嫌いではないが練習しても上達しなくて音痴で下手なので人前で歌うのは恥ずかしくて歌わないタイプです。 一人カラオケは好きな人が多いでしょう。


歌詞のある曲は聴かないから
普段音楽は聴くけどゲームのBGMやクラシックなど歌詞がない曲を好み、歌詞のある曲は聴かないタイプの人です。 歌詞がない曲だとさすがに歌うことはできないのでカラオケは好きにはなれないでしょう。


他人が歌っているのを聴きたくないから
プロの歌手が歌っているのを聴くのは好きだけど、素人の一般人が歌っているのを聴くのは耳障りなのでカラオケが嫌いというタイプです。


カラオケが嫌いだと孤立しやすい理由
結論から言うとカラオケが嫌いだと孤立しやすいです。ではその理由について説明します。

カラオケが好きな人が多いから
カラオケは好きな人のほうが多いので嫌いな人は少数派ということになります。 特に女性はカラオケが好きな人が多いですね。 なのでカラオケが嫌いだと肩身が狭くなります。 カラオケに行かないで避けてばかりいると付き合いが悪い、つまらないやつだと思われがちです。 なのでカラオケ嫌いだと絶対に孤立するというわけではありませんが孤立しやすいという訳です。


二次会がカラオケである場合が多いから
新歓、宴会、オフ会などの二次会はほとんどがカラオケに行こうという流れになります。 こういう出会いのありそうなところではカラオケはついてまわってきます。 二次会の参加者は交流の輪ができるけど、参加しないで帰っちゃった人は取り残された感じになりやすいです。 つまりカラオケが嫌いで避けているとの取り残されやすい、浮きやすい、出会いの機会が狭まるということなので孤立しやすいという訳です。


カラオケが嫌いな人はどうすればいいの?
じゃあカラオケ嫌いな人はどうすればいいの?ということだけど、カラオケ嫌いを克服したい人は練習をすればいいと思います。 できればカラオケ好きになった方が孤立は防げますが、カラオケなんてどうしても嫌い練習する気にもなれないという人は無理して練習する必要はありません。 カラオケが嫌いでもカラオケ以外のことで挽回すればいいのです。 例えば会話力を上げたり、気配りするようにしたりすれば周囲からの評価も上がるでしょう。


スポンサードリンク
スポンサードリンク

項目選択へ 人間関係・メンタル攻略編 人生攻略寺子屋