人間関係・メンタル攻略編
コミュ障の種類と改善法
ここではコミュ障とはコミュ障の種類コミュ障になる理由コミュ障のレベル会話の以外のコミュニケーション要素コミュ障の改善法について 約2分で解説します。
項目


スポンサードリンク
コミュ障とは
コミュ障とはコミュニケーション障害のことで人とうまくコミュニケーションをとれないことです。 コミュ障だと仕事がうまくいかなかったり、友達や仲間などもできにくいです。 同じコミュ障でも程度があります。それについては下で説明します。


コミュ障の種類

おしゃべり型
よく話をして口数は多いが空気読めないこと話したり、会話がずれていたり、デリカシーがなく 一方的に聞いてもいないことを話し続けるとかいうタイプです。


無口型
話しかけられたら一応返答はするが自分からは話しかけなくて何を考えているのか分からないと思われやすいです。 無口になる理由は相手に興味が無い、まわりが興味が無い会話ばかりしている、話したいことが無い、そもそも話すことが疲れる、黙っているほうが楽などです。


コミュ障になる理由
生まれ持ってのコミュニケーション能力、人見知りな性格、人と一緒にいると疲れるなどもあるが、 一人で遊ぶ趣味が多い、仲間はずれにされて話す人がいない、人嫌いになったなどの理由で人と話すことが少なくなり コミュニケーション力が低下したなど。


コミュ障のレベル

コミュ障レベル
LV5:全く話せない
声が出ないので話せないということではなく言葉が分らない、言葉を理解できないので話せない、重度のコミュ障である


LV4:定型文やおうむ返ししかできない
あいさつ、決まった語句、単語で話す、相手の言ったことをそのまんま返すような会話だけしか話せない、重度のコミュ障である


LV3:事務的な会話はできるが雑談はできない
自分で文章にして話せるが事務的であらかじめ話すことが決まっているような会話しかできなく、雑談やアドリブが必要な会話はできない、やや重度のコミュ障である


LV2:趣味とかの限定的な雑談しかできない
普通の世間話などの雑談はできないが、自分が好きなことや趣味とかの限定的な雑談ならできる、中度のコミュ障である


LV1:1対1なら話せるがグループになると話せない
1対1なら普通に雑談もできるけど3人以上のグループになると浮いてしまい孤立するタイプ、軽度のコミュ障である

コミュ障で多いのはLV1〜3でしょう。
LV1を超えるコミュ力があればコミュ障ではないのでコミュ障レベルはここまでです。


会話の以外のコミュニケーション要素
コミュニケーションは会話の割合が大きく占めているけどそれだけではないです。 ここでは会話以外のコミュニケーション要素について説明します。
仕草・ジェスチャー
会話でなくても仕草やッジェスチャーなどで意思を伝えることはできます。 これらを使って気持ちを表現するようにしましょう。


表情
表情は常に真顔ではなく笑顔で話すようにしましょう。


思いやり・気遣い
自分の方から手伝ってあげたり、助けてあげたりすることです。 このような思いやりや気遣いができるようになりましょう。


コミュ障の改善法
本や新聞を読む
これだけでコミュ力がつく訳ではありませんが、 会話の土台となる知識をつけることは大切なので本や新聞を読むことは効果があります。


視野を広げる
自分の好きなことだけしかやらないのではなく、いろんなことをやってみることです。 これにより知識や話題が広がってコミュニケーションに役立つようになるでしょう。


周りを気にしないで話すようにする
周りの反応を気にしすぎると話すことを躊躇ってしまいがちなので、相手の反応を気にしないで思ったことは話すようにしましょう。 だけどあまり失礼なことは言わないようにしましょう。


スポンサードリンク
スポンサードリンク

項目選択へ 人間関係・メンタル攻略編 人生攻略寺子屋