人間関係・メンタル攻略編
こういう学校教師はだめだ
ここではだめな学校教師の例 を約2分で解説します。
項目


スポンサードリンク
だめな学校教師の例
成績が上がらないことに怒る
全く勉強しないことには怒るのは仕方ないけど、勉強して成績が上がらないことに怒るのはだめです。 怒っても萎縮するだけで勉強できるようにはならないので。かえってストレスで成績が下がるでしょう。 それだったら勉強の仕方など教えたほうが建設的です。


声がでかい方の言う事を聞く
事実関係も調べないで口がうまいやつ、声がだけでかい方の言う事を鵜呑みにしてそういうやつの意見に流される教師です。 教師に限らず上司でも同じことが言えます。 例えばA君は何もしてなくて、B君が何かやらかしたとする、そして声がでかいB君がA君のせいにしたとする。 そして事実関係を調べもせずにB君の主張を鵜呑みにしてA君を説教するような教師のことです。


グループに入ることを強要する
これは、ぼっちの生徒にグループに入ることを強要する教師のことです。 ここで言うグループとはクラスで自然にできる仲のいいグループのことです。 グループに入ることを1回勧めるくらいならいいけど、どこかのグループに入ることを何回もしつこく言って強要するのはだめだということです。 基本的にぼっちの生徒はどこのグループにも合わないので一人でいる方がいいという生徒なのだから 無理にグループに入れられても迷惑だしグループの方も迷惑だからです。


みんなの前でつるし上げ
暴力を振るったなどの問題行動を起こした生徒をみんなの前で説教するとかなら仕方ないけど、 クラスのみんながいる前で「○○君成績が下がったねー」、「○○さん体重が増えたねー」など言ったり テストでもないのに苦手なことを1人だけみんなの前でやらせる(例えば跳び箱が苦手な生徒を1人だけみんなの前でやらせる)など、 こういうデリカシーのない行為のことです。


気に入った生徒だけ良くする
これは例えば男性教師が気に入った女子生徒にだけ良くする、女性教諭が気に入った男子生徒にだけ良くするなどのことです。 こういうのは差別になるので教師と言うのは平等に接しないとだめです。 他の生徒が不愉快に思うので。


スポンサードリンク
スポンサードリンク

項目選択へ 人間関係・メンタル攻略編 人生攻略寺子屋