人間関係・メンタル攻略編
怒られやすい人と怒られにくい人の違い
ここでは怒られやすい人怒られにくい人の違いを2分で解説します。
項目


スポンサードリンク
まわりは何かしてもそんなに怒られないけど自分は些細なことでもなぜかよく怒られると思う人もいるでしょう。 それについてどうして怒られやすい人とそうでない人の違いを分析してみます。
怒られやすい人
(怒られやすいタイプ一覧)


孤立している人
孤立していると話す人や仲間がいないということで、怒った方が陰口言われたり、多数から悪者にされるたりすることは無いので怒りやすいから。


おとなしい人
おとなしいので怒っても反論してこないだろうと思っていて怒りやすいから。 でも、おとなしい人が反論したとすると怒った側は面を食らって自分が被害者だと思い込みさらに怒る場合もあるので注意が必要です。


要領が悪い人
上司がいる前でだらけていたり、上司が不機嫌なときに仕事のミスを報告したりするような人のことです。 そのため怒られやすい。


タイミングが悪い人
タイミングが悪いと怒られやすいことがあります。 例えば普段はまじめに仕事をやっているがたまたま寛いでいるところを上司に見られた、 集団でミスをしたが一番最初に上司に鉢合わせして代表して怒られたなど。


目立つ人
体がでかい、髪型や服装が派手、浮いているなど目立つ人は目に付くので怒られやすいです。 浮いていても空気タイプの人は怒られにくいでしょう。


無愛想な人
愛想が無いとよく思われなくて相手はイライラするので怒りっぽくなります。 笑顔を作るようにしましょう。


鈍くさい人
動作が遅い人、仕事が遅い人、物覚えが悪い人など このようなタイプだと一緒に仕事をしている人はイライラして怒りっぽくなるのでよく怒るようになります。 したがって怒られやすくなります。


怒られにくい人
(怒られにくいタイプ一覧)


仲間が多い人
仲間が多い人に怒ると休み時間に陰口言われたり、あいつむかつく、嫌なやつだよなーと悪者にされたり変な噂が流れたりしがちなので怒りにくいです。 なので怒られにくいと言うことです。


よく話をする人
よく話をするというのは事務的な会話ではなく、雑談のことです。 雑談すると仲間意識ができます。 人間は仲がいい人には怒りにくいものです。


周囲に溶け込んでいる人
周囲に溶け込んでいる人はいい意味で目立たないです。 出る釘は打たれるということはないので怒られにくいです。


要領がいい人
普段上司の前では上司を褒めたり持ち上げたりしてご機嫌を取るのがうまい。(本心では上司を嫌っているかもしれないが) そして上司の前ではちゃんと仕事して、いないときは手を抜いたり寛いだりしてだめなところは上司には気付かれないようにするタイプの人です。 上司にはよく見えるので怒られにくいです。


仕事ができる人
仕事ができる人は会社に利益をもたらすし、頼りにされるのでちょっとしたことでは怒られにくくなります。 仕事ができる人に辞められたら困りますからね。


スポンサードリンク
スポンサードリンク

項目選択へ 人間関係・メンタル攻略編 人生攻略寺子屋