人間関係・メンタル攻略編
浮いている人を叩く人の心理
ここでは浮いている人を叩く人の心理浮いている人はどうすればいいのか?をについて約2分で解説します。
項目


スポンサードリンク
浮いている人を叩く人の心理
浮いている人を叩く人の心理を分類ごとに解説します。 世の中いい人ばかりではないし、みんな違ってみんないいという考えでない人もいるのでぼっちや浮いているというだけで叩く人もいます。 何かのイベントのようにその場限りの環境ならぼっちや浮いていても叩かれることはほぼありません。 しかし学校や職場のように毎日顔を合わせる環境だと陰口を言ったり嫌がらせをする人が沸いてきますので注意しましょう。

生理的に嫌い型
このタイプは単に孤立して浮いている人が嫌いだから、生理的に嫌いということです。 それでイライラして叩くというわけです。 特にそれ以外の理由は無いです。


被害妄想型
孤立している人を見るとあいつ交わってこないのでオレ(オレら)のことを嫌っているのかと思う人です。 孤立している人は、周囲と趣味や話題やノリなどが合わないので輪に入ってこないだけでべつに嫌っているわけじゃなくても 嫌っていると思い込むタイプです。 それでイライラして叩くというわけです。


協調重視型
自分(達)に合わせてこない人は協調しない人だということで嫌うタイプです。 そういう合わせてこない人はむかつくという感情から浮いている人を叩くようになります。 こういうタイプの中にはは自分に合わせない人は許せないが、自分と合わない人に合わせるのは嫌うただの自己中なタイプもいます。


共通の敵を作りたい型
共通の敵を作ってその相手を一緒に叩くことによって仲間意識を高めたい、優位の立ちたいというタイプです。 それでどんな人を叩くのかというと、どのグループにも入ってない人です。 こういうタイプは仲間内にはいいけど、そうじゃない人には冷酷になれるので、 仲間内からはいい人だよという評価でも、それ以外からは嫌なやつという評価に分かれます。 集団の心理で叩きがエスカレートしやすいです。


恐怖心型
孤立した人を見ると自分(達)とは違う未知の存在だと恐怖を感じ叩きに走るタイプです。 宇宙人と遭遇したような感じなのだと思われる。 また孤立している人を見ると自分もそうなるのではと思うようになり、 孤立している人を見たくないという感情から叩くようになることがあります。

浮いている人はどうすればいいのか?

無理にでも合わせる
浮いていて孤立していると何か言われたり後ろ指差されやすいというのはあるので 面白くなくても愛想笑いをして、興味が無い話題でも参加して、楽しくなくてもテンション上げてウェーイして無理にでも楽しそうに演技していれば とりあえず周りからは浮いていると思われることは避けられるでしょう。 周囲に孤立していると思われたくない人、何か言われたくない人は無理にでも合わせたほうがいいでしょう。 でもぎこちない無理をしているんだなとばれるかもしれません。


意地でも合わせない
周囲にどう思われてもいい、愛想笑いしたり、興味の無い話をしたり無理に合わせる方がストレスだと思う。 それだったら一人でいたほうがまし、我が道を行くという人は無理をして合わせる必要は無いです。

どちらを選ぶかは人それぞれなので自分が思った方にしましょう。


スポンサードリンク
スポンサードリンク

項目選択へ 人間関係・メンタル攻略編 人生攻略寺子屋