就活・労働攻略編
ブラック企業の見分け方
ブラック企業で働くと心身を壊してしまいます。 なのでここではブラック企業を見分けるためにブラック企業の特徴を約2分で解説します。
スポンサードリンク
項目

スポンサードリンク
それではブラック企業の特徴を挙げます。

ブラック企業の特徴


上記の中からいくつかピックアップして詳しく説明します。

アットホームな職場ですとアピールしている
アットホームというのは聞こえはいいけど、ようは他にアピールすることがない少人数の零細企業である確率が高いです。 そして少人数なので忙しいときはいろいろ手伝わされます。 またいろいろ干渉してくることが多い会社なのでこういうのが嫌な人は避けたほうがいいでしょう。


給料の割りに高いスキルを求めたり仕事量が多い
これは能力の高いスーパーマンを安い給料でこき使ってやろうという感じの企業ですね。 これは応募条件と待遇を見て釣り合っていなければそうだとわかるので、このような企業は受けないようにしましょう。


パワハラやセクハラをする人間がいる
これは会社に入ってみないとこういう人がいるかどうかは分かりませんが、就職説明会や面接などでその場にいる社員を見て雰囲気を掴むしかないですね。 もし入ってみてパワハラやセクハラをする人がいてもパワハラなどの対策をちゃんとしている会社ならいいですが、 そういうのが無い会社は上に訴えても仕事に慣れている古参を守ってなかったことにされる場合もあるので注意が必要です。


職場の雰囲気が体育会系である
ようするに体育会系の根性論や品の無いノリの職場ってことです。 体育会系の人にはいいかもしれないけど おとなしい人、地味な人などにとってはたまらないでしょう。 そういう人は避けたほうがいいでしょう。


離職率が高い
これは給料が安かったり、 職場環境がよくなかったりすると辞めていく人が多い ので離職率が高くなります。つまり離職率が高い企業はブラック企業である可能性が高いということになります。 逆に給料もよくて、職場環境もいいところは人が辞めないので離職率が低くなります。 離職率が低いほどホワイト企業である可能性が高いです。


いつまでも求人を出している
これは募集しても人が集まらないので、いつまでも人が集まらないということです。 つまり労働環境のよくない企業の可能性が高いということになります。


スポンサードリンク
スポンサードリンク

項目選択へ 就職・労働攻略編 人生攻略寺子屋