就活・労働攻略編
顔採用はある?
ここでは顔採用はある理由について約2分で解説します。
スポンサードリンク
項目


顔採用がある理由
顔採用はあるのか?結論から言うとあります。 顔だけよくても仕事ができなければ採用されませんが、能力が同じならば顔がいいほうが採用されます。 能力が無くてもちょっと教えればできるようなそれほど難しい仕事でなければ顔がいい方を採用するかもしれません。

昔、とある番組で容姿がいいモデルの男女と、容姿があまりよくない男女に会社の面接を受けてもらってどちらが採用されるかという実験をしていたけど これは合格をもらったのはモデルの男女でしたね。 そしてわざとモデルにはアホっぽい受け応えをしてもらっていたとのこと。 それでもモデルの方が採用ということは第一印象がいかに重要なのかがわかりますね。 モデルだけあって顔の造形もいいけど、それだけでなく人に見てもらう仕事なので表情もいいからでしょう。 面接官も人間ですから一緒に仕事をしたくない人は選ばなくて、一緒に仕事をしたい人を選ぶわけです。 美男美女だと職場の士気が上がるという理由もありますね。

じゃあ容姿があまりよくない人はどうすればいいのか?ということだけどそれは髪型や表情で印象よく見せることですね。 髪型は清潔感があって似合っている髪型にしましょう。 男性ならロン毛よりも短髪の方が好ましいです。

表情を明るく見せるのは目と口で決まります。 耳や鼻の動きは変わらないので。 口は口角を上げる、目は虚ろな目をしないでちゃんと目を開いて相手の顔を見ることです。 目をちゃんと開くというのはあまり開きすぎず、目力を入れる必要もありません。


スポンサードリンク
スポンサードリンク

項目選択へ 就職・労働攻略編 人生攻略寺子屋