就活・労働攻略編
面接対策攻略
ここでは面接で気をつけること痛いところを突いてくる質問、困る質問への対処法 について約2分で解説します。
スポンサードリンク
項目


面接というのは面接官に気に入ってもらえないと、採用になりません。 細かいところも見られているので注意するところはたくさんあります。 面接官にも好みはあるけど以下のことはだいたい共通しているのでこれらはするようにしましょう。
面接で気をつけること

あいさつをちゃんとする
これはちゃんと面接の開始時には「よろしくおねがいします」面接が終わったあとは「ありがとうございました」と言うことです。 黙って座る、黙って帰るのは挨拶もできないやつだと見なされるので不採用になる可能性が高くなります。 こういうところも面接官はチェックしていますからね。


姿勢について
椅子に寄りかかったり足を組んで座ったりしない、背中を丸めない、背筋はちゃんと伸ばして座りましょう。


聞かれたことにに明確に答える
これは返答は単純すぎずだらだらと長すぎず、要点をまとめて、相手にわかりやすく伝えるということです。 当然ですが聞かれたことと全く関係ない答えはしないことです。 例えば「これまで何に打ち込んで来たましたか?」と聞かれた場合、「○○に打ち込んできました」だけだと単純すぎてだめです。 「○○が好きです」と答えるのは質問とずれた答えなのでだめです。 ○○にどれくらいの期間どのように打ち込んで、それで何が得られたのかまで答えられるようにしましょう。


はきはきと話す
ちゃんと口を開けて、相手が聞き取りやすいようにはきはきと話しましょう。 ぼそぼそと聞き取りにくい声で話すのはやめましょう。あまり大きすぎる声も威圧感を与えるのでだめです。 声が小さい、声が篭る人は口を開ける練習や発声練習をしましょう。


面接官の目を見て話す
目を合わせない、目が泳いでいたりするのはよく思われないのでちゃんと相手の目を見て話しましょう。 でもずっと目を見続けるのは見つめている感じなので、時々鼻のところらへんを見るようにしたほうがいいです。


清潔感を出す
服装はだらしない服装やヨレヨレの服を着ない、ワイシャツの場合はズボンにシャツを入れる。 髪の毛は男はできれば短髪、女は長かったらしばってまとめる、寝ぐせを直す、髪の毛をちゃんと洗う、ヒゲは剃るなどです。


質問をする
何の質問もしないで帰るのはその会社に関心が無いと思われるので何かしらの質問をしましょう。 でも休日の日数などを質問するのは、休むことばかり考えていると思うのでしない方がいいです。 会社についての質問や仕事の内容についての質問をしましょう。


椅子を直す
面接が終わったあとは椅子を出しっぱなしにしないで椅子をちゃんと元の位置に戻すようにしましょう。


痛いところを突いてくる質問、困る質問への対処法

空白期間は何をしていたのか?
これは遊んでいましたと言うのはもっての他です。それと就職活動していたけどなかなか就職が決まらなかったというのも 不採用にされてばかりでどこか問題のあるやつだと思われるので言わないほうがいいです。

空白期間の理由としては資格の勉強をしていた、療養中だった、介護中だったなどが一般的ですが、 療養中だったというのは体が弱い人なのかなと思われるかもしれないので、 資格の勉強をしていたか介護中だったというのがいいでしょう。


どうして当社を選んだのか?
場所が近かった、給料がいいからという理由もありますがそういうことを正直に言ってはだめです。 興味がある仕事だから、勉強してきたことや経験が生かせるから、やりがいが感じられるから、将来性を感じたから、などと答えるのがいいでしょう。


あなたを雇ってどんなメリットがありますか?
これも聞かれて答えるのに困りやすい質問ですが、まず自分が得意なこと長所が何なのかをまとめておくことです。 そしてそれがその会社にどのように役に立てるか生かせるかを考えてください。 自信が無いような答え方は絶対してはいけません。 例えば人と話すが好きな人は客をもてなすのに役に立てる、手先が器用な人は細かい作業をするのに役立てるなど そういったことです。 役に立てないと思ったらその会社の仕事は向いてないので他の職種にしましょう。


スポンサードリンク
スポンサードリンク

項目選択へ 就職・労働攻略編 人生攻略寺子屋