就活・労働攻略編
未経験者歓迎でも落ちる理由
ここではどうして未経験者歓迎でも不採用になるなるのか?その理由を約2分で解説します。
スポンサードリンク
項目

スポンサードリンク
未経験者歓迎という求人を見つけて、おっ未経験者歓迎か私も未経験なので雇ってくれるぞーと思うのは早計です。 不採用になりることも普通にあるので。 未経験者歓迎なのに何で受からないんだ?どこが未経験者歓迎なんだ?と思うことでしょう。 何で未経験者歓迎で受からないのかその理由を説明します。

不採用になる理由

適性が無いから
これは未経験者歓迎でも適性検査などで適性が無いと判断されたということです。 適性検査だけで合否が決まるわけではありませんが、あまりにも適性がないと判断されると不採用になる場合もあります。 その企業とは相性が合わなかったということですから。 適性検査がだめでも、仕事をやらせてみたら頭角を現す場合もありますが、 それは会社にとって賭けになるのであまりそこまではしません。


職歴が無いから
未経験者歓迎=職歴が無い人歓迎ということではありません。 その業種は未経験だけど前職で役に立つことを経験してきた人は歓迎だけど、役に立つ職歴を積んでこなかった人は不採用ということです。 例えば前職は建築のデザインをしていたけどゲームのグラフィックデザインは未経験な人がゲームのグラフィッカー未経験者歓迎を受けた場合、 前職の経験がゲーム内の建物のデザインで役に立つので採用される確率が高くなるということです。 グラフィックソフトの使い方は研修や仕事をしながら覚えるといった感じです。


本当の未経験だから
資格もない、知識も無い、本当の未経験の全く0の状態からは育成しないということです。 0から育成するのはかなり時間もコストもかかりますからね。 仕事は未経験ても資格を取ったり、独学で知識を身につけたりしてある程度下地がある人なら育成するということで採用されるかもしれません。


実は経験者が欲しかった
未経験者歓迎という求人を出していたが、実は経験者の方が欲しいので経験者も応募してきたら経験者の方を採用するということです。 じゃあ何で最初から経験者歓迎で募集しないで未経験者で募集するんだと思うでしょう。 これはどういうことかというと、経験者が応募してこなかったら仕方が無いから未経験者を採用して育成しようかということです。 だからこのパターンだと経験者が応募してきたら未経験者は受からないです。


最初から雇う気がないから
これは最初から雇う気が無いけど、すごく有能なスーパーマンが応募してきたら雇うという感じのパターンです。 こういうところを受けてもほとんどの人は不採用になります。


スポンサードリンク
スポンサードリンク

項目選択へ 就職・労働攻略編 人生攻略寺子屋